・自分にピッタリのジーンズを見つける特集

エターナル811特集

エターナル811 口コミ(評価・評判等)

色落ちサンプルETERNAL "811"

2018年11月18日

隣のジーンズは青い


フルカウント(FULLCOUNT)というジーンズがあります。

おそらくレプリカジーンズの中では、かなり有名だと思います。
私自身も所有しており、過去にブログで紹介したり、穿きこんだジーンズをアップしたりしています。

なぜいきなりフルカウントの話になったかというと、最近ジーンズの色落ちサンプルを見ていて綺麗な色落ちだなと感じたサンプルがフルカウントだったからです。

元々、ジーンズの色落ちサンプルを見るのは好きで、見るというより芸術鑑賞に近いものなんですが、最近はあまり見ていませんでした。

非売品のようですが、フルカウントらしい綺麗な色落ちしているサンプルがありました。
穿き込み期間、洗濯頻度、洗濯方法は、下記の通りだそうです。

色落ちサンプル(非売品)FULLCOUNT "1108"


・穿き込み期間:約2年 ほぼ毎日 
・洗濯頻度:年に3回程度。
・洗濯方法:洗剤を使用せずに洗濯機を利用。洗濯時も干す時も裏返しにしていません。


自分が所有しているフルカウントのジーンズより濃淡の付き方、ヒゲの出方が綺麗で色落ちのクオリティが高いです。

同じジーンズブランドのものでも穿く人によって表情が変わってくるのは、ジーンズの色落ちの醍醐味ですよね。
時々、古着屋(リサイクルショップ)なんかで、濃淡差のない、のっぺりした有名なレプリカジーンズブランドの色落ちを見ると、なぜこんなことにって、残念な気持ちになることもありますが。

さて、今回は、たいした話ではないのですが、最近ジーンズの色落ちの好みの変化を感じるということです。

年を重ねるごとに、食べ物の好みが変わる、音楽の好みが変わる、好みのタイプが変わる、変わらないものもありますが、自然なことではあると思います。

ジーンズの色落ちの好み、結論から言うと、柔らかな色落ちを好むようになってきているのではないかなと最近感じるのです。

表現力が乏しくて恐縮ですが、エターナルジーンズなんかの色落ちは、イメージは剛です。
圧倒的なタテ落ち感等を含めて、色落ちの存在感が強いです。自己主張が強いというのか、どうだ!といわんばかりの迫力があります。

ところが、例えばフルカウントの色落ちは、イメージは柔です。
柔らかな色落ちというか、綺麗というのか、タテ落ち感はもちろんあるんですが、主張しすぎない優しさ、上品さを感じます。

こうやって書いてみると、一発でイメージを伝えられない表現力の無さに情けなさを感じるので、わかる人にはわかるあえて思い切った表現をすると、別にアニメ好きとではないんですが、「北斗の拳」で言うと、エターナルジーンズのイメージはラオウで、フルカウントはトキのイメージです。

不思議なもので、私自身は、エターナルジーンズを穿き込むより以前に、フルカウントを穿いていたことがあるということです。
フルカウントを穿いている時は、もっと激しい色落ちがするデニムが欲しいと感じていましたし、そういった色落ちサンプルのブランドを探したりもしました。

従いまして、好みの変化というより、ただ単に良い色落ちサンプルを見た、そのブランドはフルカウントだった、フルカウントに目移りしたというだけのことでしょうと指摘されると否定はしません。(苦笑)

とりとめのない話になってきましたが、引き続き、フラットヘッドジーンズを穿き込んでいきます。



posted by 名もなきジーニスト at 15:45 | Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月19日

別にジーンズじゃなくても良かろうに

そういえばベストジーニスト賞って今はどうなっているんだろうとふと頭をよぎりました。
ジーンズは好きなんですが、意外とこういう話題には意識しないとそれほど敏感ではありません。

さて、ベストジーニストといえば誰が浮かびますか?

私なんかは、やっぱりキムタクこと木村拓哉さん、同じSMAPメンバーだった草g剛さんがパッと浮かびます。

ちなみに、いわゆる殿堂入りしている方は、木村拓哉さん、草g剛さん、浜崎あゆみさん、亀梨和也さん、倖田來未さん、相葉雅紀さん、ローラさん、藤ヶ谷太輔さんとなっていました。

そして最新の2017年は、男性が中島裕翔さん、女性が菜々緒さんとなっていました。

ベストジーニスト賞は、1984年から開催されているそうで、一般選出部門の過去の受賞者を確認してみました。
その中でも、個人的にたしかにジーンズのイメージがあるなと思った方は、所ジョージさん、PUFFYでした。賞に限らなければ、さまぁ〜ずやダウンタウンの浜田雅功さんが浮かびました。

共通しているのは、ヴィンテージジーンズを穿いている。
だから印象に残っているのかもしれません。

菜々緒さんをはじめ、ローラさんや米倉涼子さんの場合だとジーンズが似合うのはもちろんですが、どうしても印象として最初に来るのが「脚長っ!!」になってしまいます。
そして敢えて余計なことを言うならば、別にジーンズじゃなくても他の物でも似合うだろうにと。

とりとめのない話となりましたのでこの辺で。
posted by 名もなきジーニスト at 03:43 | Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月05日

ジーンズはサイズ選びが命 エターナル811が購入後約12年経過

久しぶりに穿き込んでいたエターナル811の色落ち具合をお伝えします。まずは写真から掲載します。


20170205141600737.jpg20170205141613123.jpg20170205141630716.jpg20170205141643493.jpg20170205141653683.jpg20170205141804890.jpg

20170205141816143.jpg20170205141834912.jpg20170205141843601.jpg

数えてみると購入してから約12年ほど経過したようです。ただ、12年間穿き込んだわけではなくて、ブログに書いています通り、現在はフラットヘッド3005を穿き込んでいます。


今は、たまにしか穿きませんが、それでもデニムの色味が酸化するというのか、くすむといえばよいのか、写真ではわかりにくいかもしれませんが、ヴィンテージの雰囲気が年月の経過とともに少し出てきたような気がします。


さて、まずは現行ETERNAL NO.811の仕様から確認します。エターナルは国産ジーンズ発祥の地、岡山 児島のメーカーです。


そしてNO.811はワンウォッシュのロングセラー、エターナルの定番モデル。ストレートで股上はレギュラー、シルエットは細み。


生地
生地の厚さ...14.5oz
防縮加工...なし
生地の生産地...岡山
コットンの種類...カリフォルニア産 米綿
糸番手...タテ糸6番手、ヨコ糸7番手
タテ落ち...線のタテ落ち
染め
ロープ染色。特濃染めで通常の倍の20回以上
縫製
縫製糸の特徴...6〜30番手の綿糸を使い分け、色はイエロー/オレンジの別注色
アウトシームの縫製...両耳の脇割
耳を使っている場所...アウトシーム、コインポケット
セルビッチの幅...普通
耳の色...白地に赤のライン
となっています。

私がエターナル811を購入した当時は、ワンウォッシュしかなかったような気がしますが、現在はリジッドモデルも出ているようです。


確認参照先【送料無料】ETERNAL エターナル 811[rr]ノンウォッシュ 生デニム 生ジーンズ ボトムス アメカジ メンズ【試着サービス】 裾上げ 国産 日本製 男性[20]


参考になるかわかりませんが、購入後してから3年ほどは、当時、タテ落ちがすごいと前評判の高かったエターナルの色落ちを楽しみによく穿いていました。


特にデニムの硬さが残るうちは、ジーンズを穿いてジョギングはもちろん、股部分から放射状に伸びた強いヒゲが付いて欲しくてスクワットを行う、寝るときもジーンズなんてこともありました。
まるで何かにとりつかれたようように。


今思えば、特に、夏場にジャストサイズのジーンズを穿いて寝るなんて、体に悪そうだし、そもそもヒゲの付き具合に効果があったのかも謎です。今では、ちょっと出来ないです(苦笑)


今回エターナル811を穿き込んでの反省は、何度も書いているかもしれませんが本当のジャストサイズでなかったこと。購入当時の記憶が定かではないのですが、当時は、エターナル811はサイズが2インチおきで妥協してそれにしたのか、私がそのサイズを選んだのか少しあやしいのですが、少しオーバーサイズ気味に穿いてしまったことが一番の反省です。


この私の言うオーバーサイズ気味というのは、スーツのスラックスを穿くときでいえば、ジャストもしくはややきつめです。なので、一般的には、ジャストサイズで買ってるんです。


ただ、私のジーンズ力不足といえばよいのか、ジーンズのジャストサイズは、一般的なジャストサイズで選んではダメなんです。


このジーンズのジャストサイズというのは、デニムの硬さが残る状態で、ボタンフライの一番上の最後を踏ん張って締めるぐらいのジャストサイズのことをイメージしてください。


※リジッド(生デニム)の状態ではありません。あくまで穿き始める段階です。生デニムの状態からだと大きく縮むのでサイズ選びはショップ店員さん等に相談してください。私がフラットヘッド3005を購入した当時でもリジッドから縮んだ状態のジーンズが試着できました。余談ですが、防縮加工の未洗いデニムも全く縮まないわけではないそうです。


長い説明になっていますが、要するにこのジャストサイズで穿かないと股部分から放射状に伸びた強いヒゲはなかなか出来ない。サイズ選びを間違えるとその後に一生懸命スクワットしようがどうしようもなくなってしまうということです。


自身が穿き込んだエターナル811の実物を客観的にみると、どうしてもそのヒゲの部分の付きが弱いなぁと思ってしまいます。


それ以外で、気になった点は生地のタフさについて


前述の通り、ジーンズを穿いてジョギングやスクワットなど購入後の3年ほどは結構ハードに穿きました。
洗濯もそれほどしないという影響も加わったのか、股部分は破れてくることもあり何度もリペアしました。


こんな穿き方をしてなんですが、もう少しタフさが欲しかったなと何度か思いました。


ただ、これはたぶんエターナルというブランドの問題ではおそらくなくて、サムライジーンズや鬼デニムのヘビーオンスデニムを選べば結果は違ったということかもしれません。


染めの濃さについて


これも私の穿き方や洗濯の仕方の問題かもしれませんが、格別に染めがすごく濃いとは感じませんでした。ただ、これはたぶん色んなヴィンテージレプリカをみてて目が慣れてしまっただけかもしれません。染めの濃さを謳うブランドはいくつもあるので。

深みのある濃淡のついた色落ちが好きなので、正直もっと濃い染めのものをと思いますが、贅沢言うなよということでしょう。天然藍染めになっても困りますし。


さて、贅沢なことを望む私は、揚げ足とりみたいなことも書いてしまいましたが、そんなことをつべこべ言って差し引いてもエターナルジーンズのタテ落ち感はトップレベルという評価は変わりません。


細かなディテールより、とにかく迫力ある色落ちが好みという方には向いていると思います。


実際、エターナル811の評価、評判を見てみましたが、総じて評価の高いものが多かったです。
買われる方はみなさんタテ落ち感に着目して買われているようです。中には、エターナルジーンズが気に入っていて4本目!?という猛者もいました。

posted by 名もなきジーニスト at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | エターナル色落ちレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月29日

ジーンズ放浪記の目次

目次


posted by 名もなきジーニスト at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月22日

鬼デニム色落ちサンプル集

今回は鬼デニムの色落ちサンプル集です。


現在、私はフラットヘッド3005をメインで穿き込んでいるのですが、鬼デニムは、フラットヘッドを購入するときに、購入候補に挙げて迷いましたので、まだ先になりますが、現在でもフラットヘッドの次のバトンタッチ先候補の一つで考えています。


鬼デニムは、以前から生地を織る機械が古く、それをなかなか扱える職人が少なくて、たった一人の老職人に頼っているという話は、鬼デニム取扱店でフレーズのようになっています。
職人芸の傑作と。
そして、取材や雑誌掲載等も基本的に断っているというお話もあるようです。


じゃあその老職人さんに何かあったらどうなるの!?って以前にふと思ったことあるのですが、これだけ有名になれば(需要があれば)販売終了という事態はなかなかないような気もします。


一応インターネットで簡単に検索してみると、若手職人が育ってきて定期的に生産するようになってきているというような話が出ていました。


実際、「品切れで入荷待ち」という表示が、私が購入を検討していたときより少なくなったような気がします。


私が鬼デニムを実際に手に取ってからどのくらい年月が経過したのか定かではないのですが、上野にあるヒノヤさんに実物を確かめにいった記憶があります。


一番印象的だったのは、ありふれた感想で申し訳ないのですが、やっぱりデニムの手触りでした。


はじめてドゥニーム(レプリカブランド)を手にしたときも衝撃的でしたが、その衝撃を記憶しておきながら、「うわぁ、デニムがボコボコや!」って感じました。


ドゥニーム以降は、デニムが凹凸してるのは、私の中では、それが普通になっていたのですが、それでもそう感じました。


おそらく、鬼デニムを穿き込み中の方だと、次に買うデニム選びは良い意味で苦労するかもしれませんね。「何か物足りない」と。


また前置きが長くなってしまったのですが、下記に色落ちサンプルとレビュー(評判・評価)を掲載させていただきます。


色落ちサンプルはすぐ掲載可能のものがあまり見つかりませんでした。またあれば随時追加します。


個人的には、ヘビーオンスでないモデルの色落ちサンプルを掲載したかったです。


尚、リンク切れの際はご了承ください。


色落ちサンプル 鬼デニム 【鬼秘(ONI SECRET) 旧タイプ】
色落ちサンプル(非売品)鬼デニム "ONI-288ZR"
鬼デニム ONI-575 レビュー・口コミ ジーンズファースト
鬼デニムジーンズ ONI-575 評価・評判 ロデオブロス
鬼デニムジーンズ ONI-288-O レビュー・口コミ ロデオブロス

追記:お忙しい方向けの鬼デニムレビュー(評価、評判)のまとめ


私の方で掲載されているみなさんの鬼デニムの評価を読んでざっくりとまとめてみました。


生地の表面のザラ感や凹凸は噂通りで、糸の粗さ、糸が毛羽立つ感じが独特のデニム生地に感じたとありました。いわゆるローテンションデニムの特長でしょうか。


また購入で迷われた他ブランドはサムライジーンズとありました。たしかにヘビーオンスモデルにこだわるなら競合しますね。


そして、私は実際に見ていないので間違えてたら恐縮ですが、日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」で金子昇さんが鬼デニムを試着、購入されたことで話題になったようです。


最後に、いろんな方の鬼デニムの総合評価をみましたが、高い評価が並んでいました。私自身も次に購入するなら候補の一つなので、購入してある程度穿きこんだ方の評価の声はきいてみたいですね。

posted by 名もなきジーニスト at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鬼デニム色落ちサンプル集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。