・自分にピッタリのジーンズを見つける特集

エターナル811特集

エターナル811 口コミ(評価・評判等)

色落ちサンプルETERNAL "811"

2007年04月17日

ジーンズ 出来の悪いデニムが良いデニム!?


ヴィンテージと呼ばれるデニムは、生地の表面が非常に不均一に織られています。


正確に言うと、当時のシャトルと呼ばれる生地を織る機械では均一に織ることが出来なかったわけですが。


要は、ジーンズ好きの僕らが「良いデニム」といっているのは、実は「出来の悪いデニム」なんです。


ヴィンテージのジーンズの魅力って何ですか?


答えは様々だと思いますが、多くの人が「色落ち」だと思います。


「色落ち」って言うのは、デニムのメリハリある濃淡が描くコントラストです。そのメリハリをより表現するには、デニムが均一で織られているよりも不均一な方がメリハリが出やすいわけです。


そのために、太い糸や細い糸などの種類を加えてザラ感をだしたり、ローテンションで織り上げてデニムの表面をデコボコにしたりしてるんです。


そのために、わざわざ均一なデニムを織れない昔の力織機を探してきたりと面白いもんです。




posted by 名もなきジーニスト at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。