・自分にピッタリのジーンズを見つける特集

エターナル811特集

エターナル811 口コミ(評価・評判等)

色落ちサンプルETERNAL "811"

2018年11月18日

隣のジーンズは青い


フルカウント(FULLCOUNT)というジーンズがあります。

おそらくレプリカジーンズの中では、かなり有名だと思います。
私自身も所有しており、過去にブログで紹介したり、穿きこんだジーンズをアップしたりしています。

なぜいきなりフルカウントの話になったかというと、最近ジーンズの色落ちサンプルを見ていて綺麗な色落ちだなと感じたサンプルがフルカウントだったからです。

元々、ジーンズの色落ちサンプルを見るのは好きで、見るというより芸術鑑賞に近いものなんですが、最近はあまり見ていませんでした。

非売品のようですが、フルカウントらしい綺麗な色落ちしているサンプルがありました。
穿き込み期間、洗濯頻度、洗濯方法は、下記の通りだそうです。

色落ちサンプル(非売品)FULLCOUNT "1108"


・穿き込み期間:約2年 ほぼ毎日 
・洗濯頻度:年に3回程度。
・洗濯方法:洗剤を使用せずに洗濯機を利用。洗濯時も干す時も裏返しにしていません。


自分が所有しているフルカウントのジーンズより濃淡の付き方、ヒゲの出方が綺麗で色落ちのクオリティが高いです。

同じジーンズブランドのものでも穿く人によって表情が変わってくるのは、ジーンズの色落ちの醍醐味ですよね。
時々、古着屋(リサイクルショップ)なんかで、濃淡差のない、のっぺりした有名なレプリカジーンズブランドの色落ちを見ると、なぜこんなことにって、残念な気持ちになることもありますが。

さて、今回は、たいした話ではないのですが、最近ジーンズの色落ちの好みの変化を感じるということです。

年を重ねるごとに、食べ物の好みが変わる、音楽の好みが変わる、好みのタイプが変わる、変わらないものもありますが、自然なことではあると思います。

ジーンズの色落ちの好み、結論から言うと、柔らかな色落ちを好むようになってきているのではないかなと最近感じるのです。

表現力が乏しくて恐縮ですが、エターナルジーンズなんかの色落ちは、イメージは剛です。
圧倒的なタテ落ち感等を含めて、色落ちの存在感が強いです。自己主張が強いというのか、どうだ!といわんばかりの迫力があります。

ところが、例えばフルカウントの色落ちは、イメージは柔です。
柔らかな色落ちというか、綺麗というのか、タテ落ち感はもちろんあるんですが、主張しすぎない優しさ、上品さを感じます。

こうやって書いてみると、一発でイメージを伝えられない表現力の無さに情けなさを感じるので、わかる人にはわかるあえて思い切った表現をすると、別にアニメ好きとではないんですが、「北斗の拳」で言うと、エターナルジーンズのイメージはラオウで、フルカウントはトキのイメージです。

不思議なもので、私自身は、エターナルジーンズを穿き込むより以前に、フルカウントを穿いていたことがあるということです。
フルカウントを穿いている時は、もっと激しい色落ちがするデニムが欲しいと感じていましたし、そういった色落ちサンプルのブランドを探したりもしました。

従いまして、好みの変化というより、ただ単に良い色落ちサンプルを見た、そのブランドはフルカウントだった、フルカウントに目移りしたというだけのことでしょうと指摘されると否定はしません。(苦笑)

とりとめのない話になってきましたが、引き続き、フラットヘッドジーンズを穿き込んでいきます。



posted by 名もなきジーニスト at 15:45 | Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。