・自分にピッタリのジーンズを見つける特集

エターナル811特集

エターナル811 口コミ(評価・評判等)

色落ちサンプルETERNAL "811"

2013年10月03日

ジーンズの洗濯の仕方 リジッドからの最初の洗濯

ジーンズの洗濯の仕方は、人それぞれで、特にこれが正解というのもないでしょうし、個人的には、そんなに神経質にならなくても良いと思うこの頃です。

過去には、正直色々と試して失敗しました。

そんな中、管理人の今穿きこんでいるフラットヘッドジーンズをどのようにリジッドからの最初の洗濯を行ったかをざっくりと記しておきます。

※当サイトの内容は、あくまで作成時における個人的な見解であり、断定的判断を提供するものでも、その正確性や安全性について保障するものでもありません。




リジッドからの最初の洗濯の目的は、主に2点。


・糊を落とすこと
・ジーンズ特有の縮みを確定させサイズを安定させること



洗濯する前に、購入したジーンズを裏返してぬるま湯に浸した。
今回は、一時間程度だったと思う。



洗うときは、裏返したまま、ボタンフライのボタンは留めておいた。
洗うときは、ぬるま湯で洗った。
洗剤は入れなかった。



洗濯機を回している間は、色を落とし過ぎないように、そしてデニムのピンとした硬さがやわらぐぐらいを意識して、洗濯中のデニムを時折触って確認した。

イメージ的には、完全糊落としというより、多少は残ってるかもぐらいのイメージで洗濯を行った。


洗濯が終わると脱水をして、コインランドリーの乾燥機にかけた。


裏返ししたまま乾燥機にかけた。
その際、ざっくりとジーンズのシルエットを整え、セルヴィッジ(ミミ)部分をしっかりと割っておいた。
洗濯した後だとクルンと丸まった状態になっていることが多い。



後は、乾き具合を確認しながら乾燥機にかけた。
乾燥機によっては、乾燥させる時間は違ってくるので、かけすぎないように、かといって生乾きにならないよう気をつけた。
生乾きだと、まだ大きく縮んでしまう可能性があるので。



完了後、穿き込み開始しました。



以上、ざっくりとフラットヘッドジーンズで今回行った一回目の洗濯です。



乾燥機にかけ終わって、穿いてみるときは、いつもドキドキしてしまいます。
過去には、思ったより縮まなかったり、縮みすぎて困ったりもしましたので。

尚、今回は、ショップにて、リジッドから縮ませたものを試着してサイズを選んでいたので多少の安心感はありました。



個人的には、穿いてみた時に「やばい、ちょっとキツイかも!?」ぐらいが経験上良かったりします。
穿きこんでいくとデニムの硬さがとれて、体になじみ、はきやすくなっていきます。



それくらいジャストサイズで穿きこむことは重要だと思ってます。



タグ:洗濯の仕方
posted by 名もなきジーニスト at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年07月16日

ジーンズの番人 ジーンズの洗濯はイベントだ!


ここ最近ジーンズを洗うときは微調整が利くのでもっぱら手洗いだと以前に書きました。


そこでもう少し詳しく、そうなってしまった経緯に触れておきたいと思います。


洗剤の話は、とりあえず置いておいて、僕は洗濯機でジーンズを洗うとき、洗っている最中はずっと洗濯機の前に立って見ています。

 
そう、洗濯機のタイマーで任せるのではなく、自分の目で青みがかかっていく水の色や、時折ジーンズを取り出し、指で感触を確かめたりして洗っていたわけです。清潔にしなければいけないし、でも無駄に色を落とさないようにっていう感じで。


たぶんジーンズ好きの人で洗うときに洗濯機を使っている人は、洗っている最中は洗濯機から離れられないっていうのがスタンダードのような気がします。(興味のない人にこんなことを話すとたいていひいてますね)

 
それで、だったら手洗いをすればいいじゃんってなったんですよね。

 
ジーンズは、購入からの初期とダメージが出始める辺りは結構神経を使いますからね。



posted by 名もなきジーニスト at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月22日

ジーンズ 洗濯・干し方の疑問

 ジーンズを洗濯してから干すときは裏返して干しますよね。(洗うときに既に裏返して洗ってる方が多いでしょうが)

 その理由がデニムが日に焼けて変色しないようにみたいな話を聞いたことがあるんですが、よくよく考えてみると、それだったらジーンズを穿いているときには日に焼けて困るんじゃないのか!?って話になりません?

 たぶん、単純に裏返さずに干さないと、ジーンズのスレーキ(フロントポケットの袋地のこと)などが乾きにくいとかそういった理由のほうが主な気がします。

 ちなみにスレーキというのはシレジアと呼ばれたりすることもあるようです。

 それにしても、ジーンズに関する迷信のような、何だかよくわからないことってありますよね。

 当ブログに書いてあることも十分怪しいと言われればそれまでなんですが・・・

 
posted by 名もなきジーニスト at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月21日

ジーンズを干す前のひと手間で変わるサイドシームのアタリ


ジーンズを裏返して洗濯した後、ミミの部分はしっかりと割り開かせた状態にする。

 
時々、アイロンを使ってなんて聞いたことがあるが、そこまでしなくても濡れた状態であるならば、指で開かせて、しっかりと押し付けるようにすればそれで十分。

 
最初のうちに何度かしておくと癖づいて、洗濯してもミミが閉じた状態になっていることはなくなってくるように思う。

 
このひと手間でサイドシームのアタリの出方が変わってくる。


posted by 名もなきジーニスト at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。